脱毛の基礎知識

脱毛を行う前に、どうして毛が生えるのか、毛の周期とは何かなど、毛についての構造を知っておくと、今後脱毛を行う際に何かと便利かも知れません。まずは、基礎知識を知っておきましょう。

毛の構造

毛の構造

毛はたんぱく質で出来ています。主にケラチンというたんぱく質で、角質層の変化で出来た皮膚なのです。
皮膚の上に出た部分を毛幹、皮膚に隠れた部分を毛根といいます。
毛が出てくる部分を毛孔といい、一般的には毛穴と呼んでいます。
毛球とは毛根の丸みを帯びた部分で、毛の製造工場です。この毛球を覆っている部分が毛包と言います。毛乳頭は毛細血管が集中してあります。ここから栄養を得ています。皮脂腺は分泌される皮脂によって毛は潤いを保っています。このように様々な要因で毛が生えてくるのです。
完全に脱毛をする為には、栄養を得ている毛乳頭などを不再生することです。

毛周期

発毛と脱毛のサイクルのことを毛周期といいます。
毛周期は「成長期」「退行期」「休止期」の3サイクルから成り立ち、成長期や退行期、休止期は約3週間かかります。場所や体質などによってまったく変わってきます。

成長期その1

成長期その1

成長期の内側に毛母細胞という細胞があります。
この毛母細胞の分裂が始まり、皮膚の中で新たな毛球が作られ、毛の成長が始まります。

成長期その2

成長期その2

毛孔から表面に出て来ます。
毛乳頭が毛細血管から毛の栄養分を吸収して、成長を続けます。

退行期

退行期

毛細分裂が止まり、毛根が上に押し上げられ、毛が抜ける時期になります。
毛乳頭が毛球から離れますが、毛母細胞は毛球下部にあります。

休止期

毛と毛乳頭が離れ、抜けた毛が再び成長するまで、毛乳頭が休んでいる期間です。
この時期になると毛は成長はしませんし、自然に簡単に抜けます。

広告タイトル(脱毛知識ページで表示)

広告リンクタイトル広告リンクタイトル

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

>>広告リンクタイトル詳細へ