脱毛美人.comトップ > 脱毛知識トップ > レーザー脱毛 > 脱毛に使用するレーザーって

脱毛に使用するレーザーって

医療機関で利用されている脱毛用レーザーには数種類あります。

アレキサンドライトレーザー

メラニン色素に反応する性質を利用して脱毛用に開発されました。
一般的な脱毛では一番効果の高いレーザーと言われており、 部位問わず脱毛を行えます。
アレキサンドライトという宝石を用いて可視光と赤外線の中間程度の赤色光線を放射し、皮膚表面の真皮のメラニンのみを反応する性質があるので、シミやソバカスの治療にも多用されています。
毛には、毛周期という生え変わりのサイクルがあります。成長期、退行期、休止期に分かれており、一番メラニンが存在する成長期にレーザーの光をあてることによって脱毛を効果的に行うことができます。

ルビーレーザー

アメリカの大学で研究されて、メラニンへの吸収率のよいルビーレーザーが使用された。
ルビーレーザーは皮膚内にメラニンの少ない欧米人の脱毛には利用できるが、皮膚内にメラニンの多い黄色人種には向いていないとされています。また、照射時間を長く取る事が困難と言われています。

ダイオードレーザー

初期のアレキサンドライトレーザーと比べ、痛みや効果の面で多少優れていると言われているが、意見は賛否両論。
Star medical社がダイオードレーザーを使用した脱毛レーザー機を98年開発。 接触型の冷却装置により安全性と十分な照射時間を確保している。

広告タイトル(脱毛知識ページで表示)

広告リンクタイトル広告リンクタイトル

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

>>広告リンクタイトル詳細へ